サイトアイコン ロカボラボ

ESG投資とは?環境問題にどう関係するの?規模はどれくらい?

環境に配慮した商品、企業経営、活動など企業単位での行動が様々なところで紹介されています。こういった企業には我々消費者だけでなく、投資家も注目しています。そこで話題になっているESG投資。一体どういった投資手法なのでしょうか。今後、企業の環境対策に置いても重要になってくるESG投資について簡単に説明します

ESG投資とは?

E(environment)S(social)G(governance)の頭文字をとったものです。日本語では『環境』『社会』『企業統治(ガバナンス)』と訳されます。これら3つの項目に積極的に取り組む企業を選定し、その企業の債権や株式を買う投資手法です。どんな問題や課題があるか、どのような対策が考えられるか例示していきます。

ESG投資の投資家目線のメリット・デメリット

投資家目線でESG投資はどういった意味を持っているのでしょうか

メリット

ESGに積極的に取り組む企業は、環境問題の深刻化、社会の価値観の変化、法律の改定や、消費者行動の変化よる企業経営のリスクに強いとされています。そのため企業は、そのような社会の変化に対して柔軟に対応しながら、長期的に成長していくことが見込まれます。
そうなると、長期的に低リスクでリターンを見込むことが出来るのです。
また、ESG投資をするということは社会貢献をするということにもなります。投資家の中にもESGが課題とする問題について心を痛めている方もいると思います。

デメリット

短期間で大きなリターンを求める投資家には不向きな投資手法と言えそうです。また、後者に関しては、投資信託などの専門機関を利用することで解消されそうです。

ESG投資の好循環

沢山の投資家が短期的な利益を目指す投資をすると、企業は短期的な株価を強く意識することになります。そうなれば、企業の長期的な成長に必要な、環境への配慮や社会的な問題への対処などは後回しになり、目先の利益ばかりを追いかける企業経営が行われてしまいます。この結果として、企業内での不祥事が起きていました。

こういった短期利益追求型の投資の反省として、国連はPRI(責任投資原則)を定め、これの遵守を呼びかけます。

PRIの6原則

  1. 私たちは投資分析と意思決定のプロセスにESG課題を組み込みます。
  2. 私たちは活動的な所有者となり、所有方針と所有習慣にESG問題を組入れます。
  3. 私たちは、投資対象の企業に対してESG課題についての適切な開示を求めます。
  4. 私たちは、資産運用業界において本原則が受け入れられ、実行に移されるよう働きかけを行います。
  5. 私たちは、本原則を実行する際の効果を高めるために、協働します。
  6. 私たちは、本原則の実行に関する活動状況や進捗状況に関して報告します。

引用元:責任投資原則 - PRI

つまりESG投資が広がると、企業が長期的な成長をに向けた取り組みをしやすくなります。その結果、環境問題等への対処が行われやすくなります。多くの投資家がESGを重視した場合、逆にESGに取り組んでいない企業は投資を受けられなくなってしまうのです。実際近年多くの投資家や機関が、地球温暖化に悪影響を与える企業(石油、天然ガス、石炭などの化石燃料等の企業)への投資を引き上げました。
2020年1月に開かれたダボス会議では、イギリス中央銀行総裁はESGに取り組まない企業への投資が増えるのを防ぐために金融機関を監視すると発言しました。

<関連記事> ダボス会議 2020 にて グレタトゥーンベリ vs トランプ大統領 一方でダボス会議は環境に配慮した運営

ESG投資の規模

ESG投資の規模を見るにあたって、国別に ①ESG投資の投資全体に対する割合、②ESG投資の実額成長率を見ていきましょう。

ESG投資の投資全体に対する割合



(出典:Global Sustainable Investment Review 2018 - GSIA を筆者が編集)

日本とアメリカを除いた他の地域は、投資全体の約5割はESG投資によるものであることがわかります。
(※注意点として、ヨーロッパのESG投資の割合が減少していることです。これは次のESG投資の実額成長率を見てもらうとわかるのですが、ESG投資という定義を厳格にしたためです。)

ESG投資の実額成長率


(出典:Global Sustainable Investment Review 2018 - GSIA を筆者が編集)

上の表では、投資の規模を表す投資残高と、投資残高の成長率を示しています。

先程はヨーロッパのESG投資の割合が減少していましたが、実際金額にすると上昇しているのがわかると思います。またどの地域国においてもまだまだ増加していることがわかります。
日本においては、成長率は他の地域と比べてもダントツに高いですが、2016年における投資残高が低いのが影響しています。日本においても、ESG投資が大きな注目を集めたことがわかります。

実際にこうして、ESG投資の割合と投資額の成長率をみると、今後も割合・投資額ともに上昇していきそうです。

まとめ

ESG投資について簡単に見てきましたが、企業の利益優先で環境破壊や汚染、その他の社会問題を二の次にする行動は多くの被害を生んできました。企業の活動は今後、ESGという観点からの評価が大事なものになってきます。消費者が環境に配慮された商品を選ぶのと同様に、投資家も環境に優しい企業を選ぶようになっているのです。

今後は、イギリス同様に、環境問題への対策の一環としてESGに取り組まない企業への投資の監視をする国が出てくることも予想できます。企業側はESGにいち早く取り組まなければならない時代が来ている気がします。

モバイルバージョンを終了