ニュース

氷河の氷が溶けるとどうなる?

地球温暖化の影響で年々スピードを増す氷河。
氷河が溶けることにより引き起こされる問題とは何があるのか?

今回は世界の氷河が全て溶けた場合に起こることを見て、何が課題になりそうかを考えていこうと思います!

海水面が上昇する

地球上の淡水の氷のうち99%がグリーンランドと南極の頂上にあります。
その全ての氷が全て溶け出すと海面は66メートル上昇するとされています。

ニューヨーク、上海、東京などの沿岸都市は洪水で水没し、世界人口で最大40%もの人が家を奪われることになります。
海水面の上昇の問題は上昇のみではなく、いままで陸地であったところに海水が染み込むことにより地下において発生します。
内陸の地下水の層に浸透し、近くの淡水層にも流れ込むことになり、日常で使う水が脅かされることになります。

また、世界の淡水供給量の69%を占めるグリーンランドと南極の淡水が海に直接流れ込んでしまいます。
海に流れ込むことにより海流と天候パターンが大幅に乱れることになります。

有害物質が流出する。

ヒマラヤ山脈の氷河の問題

はじめの方に地球上の淡水の氷のうち99%がグリーンランドと南極によるものであることを述べましたが残りの1%について見ていこうと思います。
残りの1%のうちの一部は内陸部にあるヒマラヤ山脈の氷河です。

ヒマラヤの氷河には、ジクロロジフェニルトリクロロエタンやDDTなどの有毒化学物質が内部に閉じ込められています。
しかし、溶け出すことにより下流に行くに連れ毒物を排出していくことになり、川や湖などの埋蔵地に放出します。

北極の問題

残り1%のうちの上記のヒマラヤ山脈以外のところはどこなのでしょうか?

水銀の流出

それは北極の永久凍土の地下にぶら下がっています。
永久凍土が溶けることによる被害は水銀の流出です。

北極の永久凍土には、推定5700万リットルの水銀があるとされています。
この量は現存している水銀の量とほぼ同じ量です。

さらなる地球温暖化

また、永久凍土にいる微生物によって発生した二酸化炭素とメタンがあります。
これが地上に放出されると、大気中の温室効果ガスが現在のレベルの倍になり、現在よりも地球の温度が3.5℃上昇する可能性があると推定されています。

まとめ

今回は地球に存在する氷河が全て溶けたらどうなるのかについて見てきました。

このように大げさと思われている事実もこのまま加速的な地球温暖化が起きればありうる話だと思います。
氷河から発生する問題としては、

  • 海水面の上昇による居住地域の喪失
  • 有害物質の放出による健康被害
  • さらなる地球温暖化と異常気象

が挙げられると思いました。

すこしでも温暖化が抑えられるような仕組み作りが必要だと改めて感じさせられました。

合わせて読みたい
参考文献