ニュース 会議

大阪で開かれたCOP20、プラスチックゴミについてどんなことが決まったのか?

G20大阪プラスチックゴミ問題
G20大阪 - プラスチックゴミ問題

私たちの生活にはプラスチックがあふれています。
ペットボトル、レジ袋、お菓子の包装、お肉のトレーなどなど。

そんなプラスチックが捨てられ、海へと流出し、その結果海にプラごみが溢れているのが問題になっています。
これは海洋プラスチックゴミと呼ばれていて、世界中で大きな話題を呼んでいます。
<関連記事> マイクロプラスチックとは?マイクロプラスチックが引き起こす問題と取り組み〜プラスチックだらけの私たち〜

2019年6月に大阪で開かれたCOP20では、そんな海洋プラスチックゴミ問題について言及されたことで話題になっています。
実際にどのようなことが決定されたのか確認してみましょう。

G20大阪サミットで決まったこと ~大阪ブルー・オーシャン・ビジョン ~

G20大阪での安倍首相
(引用:Common Dreams

2050年までに新たな海洋プラスチックゴミによる汚染をゼロにすることを目指す大阪ブルー・オーシャン・ビジョンが共有されました。
また、この目標を達成するために、マリーン・イニシャティブも発表されました。

マリーン・イニシャティブとは、途上国に対して以下のような支援をする取り組みです。
・廃棄物管理や3R推進のための人材育成
・廃棄物管理やリサイクルのためのインフラの導入

また、G20海洋プラスチックごみ対策実施枠組についても支持されました。
G20海洋プラスチックごみ対策実施枠組とは、G20各国が以下の内容に取り組むという取り決めです。
・各国が自主的に海洋プラスチックゴミ対策を実施する
・各国が継続的に情報を共有・更新する

実は不十分だった大阪ブルー・オーシャン・ビジョン

今回のG20は海洋プラスチックゴミ問題に対して国際的な合意を取り付け、大きな成果を挙げたように見えます。
しかし、環境保護に取り組む各団体からはこの成果は不十分だったと批判が上がっています。

「減プラスチック社会を実現するNGOネットワーク」のメンバーからは以下の点について特に指摘が上がっています。
・削減目標の期限を2050年を目処にしているが、遅すぎる。
・法的拘束力を持った取り決めができていない

その上で、以下の点を要求する声明文が出されました。

1.海洋プラスチック汚染問題を包括的に解決するための、2030年までのプラスチック使用量の大幅削減目標を含む、法的拘束力のある国際協定の早期発足に主体的に貢献していくこと
2.2030年までの意欲的なプラスチック使用量削減目標を、日本政府が率先して早急に設定し世界に示すことで、同様の動きを働きかけていくこと
3.NGO、市民団体との実質的な対話や連携を開始すること

詳しくは、以下の記事を参照ください。
G20大阪ブルー・オーシャン・ビジョンでは不十分 海洋プラ汚染問題解決に向け2030年削減目標付き国際協定早期発足を要請

まとめ

プラごみに対して、国際的な注目が高まっているのがG20からもわかります。
また、それに対して日本政府も取り組みをしようとしている姿勢が伺えます。

しかし、日本政府の取り組みで以下のような構造になっている点が気になりました。
国内については具体策が示されておらず、
・マリーン・イニシャティブのような海外での取り組みが積極的に示されている

日本はプラごみを海外に輸出しているという背景もありますが、今回のG20で示された内容を見ても
途上国に解決を押し付けているような印象を受けてしまいます。
<関連記事> 日本はゴミを輸出していた!?世界に影響を与えた中国ショックとは?

国の政策的には何も示されていなくても、
国際社会の一員として、一消費者としてできるところから日常の生活を変えていきましょう。