投資家

「ESG投資」主な7つの手法と投資残高について

ESG投資の主な手法7つ
ESG banner web icon for business and organization, Environment, Social, Governance, corporate sustainability performance for investment screening.

ESG投資には主に7つの手法があり、異なる観点やアプローチで行われています。そのそれぞれの手法について概要と市場規模をまとめました。

7つの手法

国際的なESG投資の普及団体であるGSIAによって、7つの手法が定義されています。

  • ESGインテグレーション
    • 従来の投資分析と判断に、重要なESG要因を取り入れる方法
    • 財務情報とESGの両方を考慮することができるため、年金基金などの機関投資家は社会や環境への考慮しつつ、受託責任として投資のパフォーマンスを出すことができるので投資手法として選ばれやすい。
  • ネガティブスクリーニング
    • ファンドやポートフォリオから、特定のESG基準に基づいてセクター、企業などを除外する方法
    • しかし単純に不適切な銘柄を除外するだけでは、該当企業の株式を売却し議決権を失うことになるので、企業への改善の働きかけができなくなるため不十分であると言う批判も上がっています。
  • エンゲージメント並びに議決権行使
    • 投資家と投資先が、ESG問題に関する意思疎通を図り、議決権を行使することで、企業の変化を促す方法(ESGの実行に影響を与えたり、情報開示を改善する目的)
  • 国際規範に基づくスクリーニング
    • 国際的な最低限のビジネス慣行基準に則って、投資対象を分別する方法
  • サステナビリティ・テーマ型投資
    • 持続可能性に特化したテーマなどへ投資をする方法
  • ポジティブスクリーニング
    • 業界内で、ESGパフォーマンスが良いセクター、企業、プロジェクトへ投資する方法
  • インパクト投資・コミュニティ投資
    • 社会課題の解決を目的として投資する方法

投資手法ごとの市場規模

投資手法ごとに投資残高を見ると、以下の3つの手法のが圧倒的に多い。
中でも、ESGインテグレーションは最も残高が増加している(年平均成長率は24.9%)。

  • ESGインテグレーション
  • ネガティブスクリーニング
  • エンゲージメント並びに議決権行使

ESG投資の投資手法別投資残高(2016〜2020年)

2020年ESG投資_投資手法別の投資残高(地域別)

また、国際規範に基づくスクリーニングは投資残高が減少傾向にあることがわかる。
さらに、サステナビリティ・テーマ型投資は額自体は小さいが、7つの手法の中で一番年成長率が高い(約63%)。
そのため、今後も注目されていく可能性が高く、投資手法は今後多様化していく可能性がある。

 

参考リンク

 

Tags