ニュース

紙パックって環境にいいの?世界に誇れる紙パックリサイクルシステム!

紙パックのイメージ
Blank Packet Carton Juice & milk pack with straw White Realistic Rendering for mock up template design.

みなさん紙パック飲料は飲みますか?
環境問題のことを調べていたら紙パックの飲み物の方が安いと知って、それ以降は紙パックの飲み物ばっかを買うようになりました。ですがこの記事を書くまで気付かず、紙パックは燃えるゴミに捨ててしまっていましたが、「これからはもうそんなことはしない」そう誓いました!
それでは紙パックについてリサイクルの仕方から、リサイクルの流れ、そして今後の課題まで書いていきたいと思います。

紙パックのリサイクル

ここでは紙パックのリサイクルについて以下の2つを書いていきます。

  1. リサイクルへの出し方
  2. リサイクルの流れと何にリサイクルされるのか

リサイクルへの出し方

紙パックのリサイクルで出すときにやることはたったの3ステップです!
その前にお手持ちの紙パックがリサイクルできるか確認しましょう!

この紙パックリサイクルマークがついていればリサイクル可能なパックです。

Step1.紙パックを洗う

洗わずに乾かすと飲料が腐って悪臭の元になってしまいます。
また、紙パックに付いている飲料を落とすことで紙パックの品質向上につながります。

 

Step2.紙パックを開く


紙パックを開くことで洗い残しを確認することができ、
さらに回収の時にかさばりません!
完璧に綺麗に開く必要はないので、
濡れた状態であれば簡単に手でも開くことができるそうです。

 

Step3.紙パックを干す


濡れたまま回収に出してしまうとカビの原因になりリサイクルできなくなってしまいます。
開いた状態で乾かすことでより早く乾きます。
風通しの良い場所に置きましょう。

最後にまとめて、資源回収ステーションや、お近くのスーパーなどの回収ボックスにいれましょう!

(Step1,2,3の画像は紙パックリサイクルほんとのはなしから引用、文章は同PDFを参考)

リサイクルに出すときの注意点!


紙パックは単独で出すこと!
紙マークがついているものと一緒に紙パックを出す人が多いようです。
どちらもリサイクルできなくなってしまうので気をつけてください。

また、紙パックは小学校などの工作でよく使いますが大きいものなら回収できるそうです。

 

リサイクルの流れ

(全国牛乳容器環境協議会の紙パックリサイクルの流れ紙パックリサイクルのほんとのはなしを参考に筆者作成)

牛乳紙パックを再利用した商品に着くマーク紙パックからリサイクルされたものを見てみると、
リサイクル商品と知らないで買っていたものが多そうです。
ですがこのマークがついていたら、牛乳パックだけですが
牛乳パックのリサイクル商品であることがわかります。
ぜひ店頭で探してみてください!
(画像は http://www.packren.org/mark/index.html より引用)

紙パックリサイクルの現状

単位:千トン

使用済み紙パック回収率
家庭系 事業系
飲料用紙パック原料使用量
消費者紙パック消費量
191.0
170.7 20.3

学校 飲食店等
11.8 8.6
消費者紙パック回収量
※括弧内はリサイクル率
66.6(34.9%
56.1(32.9% 10.5(51.7%)

学校 飲食店等
8.7 (73.7%) 1.8 (20.9%)

※括弧内は項目ごとに計算  (ex.) 学校 : 8.7 / 11.8 ≒ 73.7%

リサイクル
製紙メーカー
紙パック総受け入れ量
※輸入古紙含む
116.4
紙パック再資源化量
※括弧内はリサイクル率
93.8(80.6%
紙パックに含まれていたラミネートポリと熱回収処理量
※括弧内はリサイクル率
22.6(19.4%)

紙パック回収率 |[容環協]全国牛乳容器環境協議会 参照の元筆者編集)

紙パックのすごさ

紙パックのすごさは、リサイクル率(当記事ではリサイクルされる量に対しての再資源化量)が高いことです。
前回書いた記事をご覧になればわかりますが、プラスチックでできたペットボトルに比べてかなり環境に優しいです。
興味がある方は、紙パックとペットボトルを比べてみよう!を読んでみてください。

もう一つ、日本の紙パックには誇れる点があります。
それは世界に比べて使用済み紙パックの質が高いことです。
これはなぜでしょう、「洗って、開いて、干す」。この3ステップが秘訣なのです。

「昨年も、ヨーロッパのある再生紙工場や分別工場を訪れましたが、飲料の付着した紙パックのベーラー(圧縮梱包機)にハエがびっしりとたかっていて、工場の手すりも階段もベタベタ。それは大変な光景でした。EUでは、事業者への容器回収責任が義務づけられているため、消費者が手間を負うという発想がないんですね。でき上がる紙の品質としても、また労働環境としても、日本ははるかに秀でています」

「牛乳パックは、社会を見るレンズ」 世界一のリサイクルへと広がった、母たちの思いより引用)

紙パックの課題

どうでしょう、先ほどの表をみるだけで課題点がわかったのではないでしょうか?

その課題点とは回収率の低さです
34.9%

量だけでいうと、家庭での回収をもっと強化すべきなのは明白です…
みなさん、コンビニで紙パックのジュースを買った後はどうしていますか?
おそらく捨ててしまっていますよね。僕もそうでした。
ですがこの記事を書くために調べ始めてからは、しっかり自宅に持ち帰り
「洗って、開いて、乾かして」回収ボックスに入れるようにしています。

また紙パックのすごさにもあるように使用済み紙パックの質がとても高いです。
海外が認めるほどです。
そのため海外への輸出が多くなっています。

「何とも皮肉なことです。今、日本のトイレットペーパーがこれほどの安値で買えるのは、国内での紙パック再生があってこそなのに、製紙会社はどこも原料不足で頭を悩ませています」と、成子さん。「リサイクルは、まず資源を出し、再生された商品を購入してまた使う、そこまでで一つの流れが完結するもの。海外に流出してしまっては、せっかく国内でがんばってくださっている製紙会社も再生紙事業から手を引いてしまうかもしれません」

「牛乳パックは、社会を見るレンズ」 世界一のリサイクルへと広がった、母たちの思いより引用)

どうでしょう、問題は消費者だけではなく、企業にも問題があるのです。

「牛乳パックは、社会を見るレンズ」 世界一のリサイクルへと広がった、母たちの思いはこの白川成子さんが
書かれた記事です。紙パックリサイクルシステム立ち上げ時の苦労や、紙パックリサイクルの現状、
世界に誇れる紙パックリサイクルなどについて書かれています。
ここでは触れらていないことが、書かれていますのでぜひお読みください。

まとめ

以上で、かなり紙パックのすごさや課題がわかったのではないでしょうか?
この記事を読んで「紙パックをリサイクルしよう」、「うちの店でも回収ボックスを設置してみよう」など
少しでも感じることがあれば幸いです。
 »»   回収ボックス設置については全国牛乳容器環境協議会の
     紙パック回収ボックス – 全国牛乳容器環境協議会こちらのリンク先に詳しく書いてありますのでご覧ください!

何かご指摘やご不明点があればコメントください。
拙い文章、見づらいデザインではありますが、早々にデザイン変更してまいりますのでご了承ください。
今後も環境問題に関する記事を書いていきますのでよろしくお願いします。