ルール 条約

SDGs目標1「貧困を無くそう」

sdgs-1

「貧困を無くそう」とは

「貧困を無くそう」には、7つの達成目標が設定されています。
数字で表示されているものは、達成目標を示しています。
アルファベットで表示されているものは、実現方法を示しています。

  1. 2030 年までに、世界中で「極度に貧しい※」生活をしている人をなくす。
    ※1日あたりに衣食住や薬・電気など、生活に必要なすべてのものに使えるお金が 1.9 ドル未満の状態
  2. 2030 年までに、それぞれの国の定義で様々な面で「貧しい」状態にある、男性、女性、子どもの割合を半減させる。
  3. それぞれの国で、人々の生活を守るための社会的な仕組みづくりと対策を行い、2030 年までに貧しい人や社会的に弱い立場にいる人を十分に保護できる状態にする。
  4. 2030 年までに、貧しい人や社会的に弱い立場にいる人を含むすべての人が、平等に、土地や財産の所有と、生活に必要な基本的なサービス、新しい技術や金融サービスなどを利用できるようにする。
  5. 2030 年までに、貧しい人や社会的に弱い立場にいる人が自然災害や、経済的な危機から悪影響を受ける機会を減らし、被害にあった場合にもそこから立ち上がれるようにする。
  6. 開発途上国で貧困をなくすための計画や政策を実行するために必要な資金をあらゆる方向から確保する。
  7. それぞれの国や地域で貧困をなくすために必要な資金を集めるために、国、地域及び国際レベルで、貧困層やジェンダーに配慮した政策を作る。
    引用:外務省「SDGs(持続可能な開発目標)17の目標と169のターゲット」

背景

SDGsの前身であるMDGsの結果11億人が極度の貧困状態を脱しましたが、依然として世界には8億人近い人々が国際的な貧困ラインである1日$1.9以下で生活しています。
これは世界の総人口の10.7%に当たります。

MDGsでは、圧倒的多数の貧困層の生活水準は国際的な貧困ラインギリギリのところにありました。そのため、経済的成長によって賃金が少し上昇したり、政府からの給付金のような施策だけで貧困状態から抜け出せる人口が多くいました。
しかし、現在対応が求められている貧困状態にいる人々の貧困状態はよりシビアです。

参考

外務省「SDGs(持続可能な開発目標)17の目標と169のターゲット」
2017 HLPF Thematic Review of SDG 1: End Poverty in All its Forms Everywhere

Tags