ルール 条約

SDGsとは

sdgs
Logo mark with SDG goal image

記事全体の流れ

SDGsとは

SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の頭文字をとったものです。
2015年9月に国連のサミットで加盟国全てによって採択された、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までの国際的な目標です。
17のゴールと169のターゲットから構成されていて、「誰一人取り残さない」ことを謳っています。

以下の5つの特徴があります

  • 普遍性:すべての国が行動する
  • 包摂生:誰一人取り残さない
  • 参画型:すべてのステークホルダーが役割を持つ
  • 統合性:社会、経済、環境に統合的に取り組む
  • 透明性:定期的にフォローアップを実施する
    (参考:持続可能な開発のための2030アジェンダ

背景

SDGsの前身として、MDGs(ミレニアム開発目標)がありました。
これが2015年に期限を迎えたので、SDGsは新しい世界共通の目標として定められました。

MDGsは2001年に国連で採択されました。2000年に採択された「国連ミレニアム宣言」と1990年代の国際開発目標を統合して作られたものです。
2015年を目処に発展途上国向けの開発目標として、以下8つの項目が設定されていました。

  • 極度の貧困と飢餓の撲滅
  • 初等教育の完全普及の達成
  • ジェンダー平等推進と女性の地位向上
  • 乳幼児死亡率の削減
  • 妊産婦の健康の改善
  • HIV/エイズ、マラリア、その他の疾病の蔓延の防止
  • 環境の持続可能性確保
  • 開発のためのグローバルなパートナーシップの推進
    (参考:ミレニアム開発目標(MDGs)

参考

持続可能な開発のための2030アジェンダ
ミレニアム開発目標(MDGs)

Tags