sdgs-10-人や国の不平等をなくそう
sdgs-10-人や国の不平等をなくそう
辞書

SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」の取り組みについてわかりやすく解説

SDGsの目標10に掲げている「人や国の不平等をなくそう」について知っていますか?人種や国境を越えて公平な社会作りを行うということは言葉から推察されますが、具体的な取り組みについて詳しい人は案外少ないかもしれません。そこでこの記事では、SDGs目標10「人や国の不平等をなくそう」の取り組みについてわかりやすく解説していきます。

SDGs目標10:人や国の不平等をなくそうとは?意味とその背景

SDGsが目標10として掲げている人や国の不平等をなくそうという意味は、簡単に言えば全ての人々に公平をもたらすということです。世界に目を向けると紛争に日々明け暮れる国や人種差別が根強い地域などもあり、決して平和とは言い難い生活を余儀なくされている人々も少なくありません。精神的および経済的な格差は世界中で広がり続け、ひいては社会のひずみとなって人々に大きな弊害をもたらす国際紛争へとつながっています。

持続可能な社会とは相反する不平等な事象を打開し解決するべくSDGsで目標10に掲げた取り組みが「人や国の不平等をなくそう」です。人や国の不平等をなくそうというSDGsの目標10は、一人ひとりの不平等を是正するという意味だけを持った取り組みではありません。不平等是正の根幹を成す世界中の国を対象とした不平等是正という意味も含まれています。

個人の病気や障害による差別、または性別や人種、民族などによる差別。これらの差別のベースにはやはり国家による部分が大きい割合を占めていることは否めません。先進国と発展途上国、紛争地帯など生活している国の影響により、健康を維持できない、または障害を受容してもらえないという人は数多存在します。また、国に根付いた文化や意識により性別や人種、民族差別が生じているともいえるでしょう。

国家間における不平等を是正するためにSDGsは目標10を掲げています。例えば、全ての人に平等に機会を与える機会均等、発展途上国輸出に対する税制緩和などの優遇措置などです。国の違いによる不平等を是正することが一人ひとりの格差是正につながり、ひいては持続可能な社会育成にもつながるというのがSDGsの考えです。

ちなみに、世界には約78億人が暮らしています。クレディ・スイス「グローバル・ウェルス・レポート 2021」の調査では、富裕層と呼ばれる100万ドル以上の財産を保有する成人の割合は、1位のアメリカでは39%、2位の中国は9%、3位の日本は7%、4位のドイツは5%、5位のイギリス・6位のフランスは4%です。この調査からも富裕層が一極集中していることがうかがえます。

目標10:人や国の不平等をなくそうの取り組み

SDGsの目標10に掲げている「人や国の不平等をなくそう」を理想論で終わらせないためにも具体的に10の取り組みを行っています。一つひとつをわかりやすく解説していきましょう。

所得の是正

SDGsの目標10の取り組みとして、一人ひとりの所得是正を行うことを目標にしています。具体的には2030年までに、所得下層40%にあたる人々の所得成長率が平均を超えるように段階的にアップさせていくという取り組みです。所得成長率が平均を上回るだけではなく、継続的に持続させることも目標としています。

能力強化促進

全ての人々の能力強化促進もSDGsの目標10の一つです。SDGsは2030年までに、人種や出自、国籍、性別、障害、年齢、宗教、経済など一人ひとりを取り巻く様々な状況を問わず、同じスタートラインから同様の能力育成を進めていきます。一人ひとりが持っている能力を十分に開花させ、持続可能な社会を実現するという取り組みです。

社会の不平等是正

SDGsの目標10の取り組みの一つには社会の不平等是正もあります。世界各国に存在する差別を助長する法律や慣行、政策などを排除していき、社会や国家における不平等を是正していくという取り組みです。

社会保障へのアプローチ

SDGsの目標10を実現するために社会保障へ様々なアプローチをしています。不平等是正のために税金や賃金、健康保険や年金などの見直しを行い、具体的な政策に盛り込んでいくことで斬新的な平等促進を行うという取り組みです。

金融市場へのルール強化

金融市場や金融機関へのルール強化もSDGsの目標10の一つです。具体的には世界各国の金融機関にモニタリングを実施し、正しいルールに則り金融取引が行われているかを監視するという取り組みで、金融の流れに不平等が生じないように事前にチェックすることを目的としています。

開発途上国の発言力の拡大

SDGsの目標10としては、国際的な意思決定会議における発展途上国の発言力や参加の拡大も挙げられます。一部の先進国の意見を中心に地球規模の取り組みや金融政策を決めると、やはり不平等を生じがちです。そのため開発途上国の意見を十分に取り入れ、さらに不参加になりがちな国の参加を促すことで、全ての国々の意見を反映した信用性の高い平等な社会を実現するという取り組みです。

世界の人々の移住・移動サポート

世界の人々の移住や移動サポートも、SDGsにおける目標10の一つです。世界規模で人々の受け皿を作ることを目的に、安全かつスムーズに世界各国に移住できるシステムを作り、人々の移住促進に努めるという取り組みを行っています。

開発途上国に対する支援

SDGsの目標10には開発途上国に対する支援も盛り込まれています。具体的にはWTO(世界貿易機関)協定のもと、開発途上国および後発開発途上国の輸出入における関税などに対して特別待遇を設け、国家間の不平等是正に取り組んでいくというのが目標です。

後発開発途上国に対する資金流入促進

SDGsの目標10には、アフリカ諸国などの後発開発途上国に対する資金流入促進もあります。国際的な支援が最も必要である後発開発途上国に対して、海外直接投資やODA(政府開発援助)などを活用し積極的に資金をサポートするという取り組みです。

移住労働者への支援拡充

移住労働者への支援拡充もSDGsの目標10の一つです。移民労働者が母国へ送金する際に必要となる手数料を緩和するという取り組みで、具体的には手数料を3%未満に引き下げていくことを目標としています。

SDGs目標10:人や国の不平等をなくすために身近でできること

SDGsの目標10である「人や国の不平等をなくそう」を実現するために身近でできることは、様々なボランティア活動に参加することです。直接ボランティア活動ができないという人は、積極的に人々を支援する募金を行いましょう。

一人ひとりの性格や見た目、立場などの違いを理解し認め合うことも身近でできるSDGsの取り組みです。国際的な理解を深めるホストファミリーへの参加や語学留学などが挙げられます。また、手話サークルや施設への慰問交流会などに参加して、様々な立場の人に理解を深めていくこともSDGsが掲げる目標10実現への身近な取り組みです。

Tags