sdgs-13-気候変動に具体的な対策を
辞書

SDGsの目標13、「気候変動に具体的な対策を」についてわかりやすく解説 具体的な取り組みも紹介

SDGsの目標13は、「気候変動に具体的な対策を」というものです。気候変動という地球規模の問題に対して、わたしたちに何ができるでしょうか。その具体的な方針や方法が、SDGsでは宣言されているのです。今回は、SDGsの目標13が具体的にどのような目標なのか、具体的にどういった取り組みが考えられるかについて、わかりやすく解説します。

目標13「気候変動に具体的な対策を」の概要

SDGsの目標13「気候変動に具体的な対策を」は、気候変動によって発生する様々な問題について、地球や人々の暮らしを守るために何らかの具体的な行動を起こしましょう、というのが大枠の意味です。気候変動は世界中で発生しており、日本でも熱帯夜の平均日数が増えてきていたり、大型台風が度々上陸したりするなどの影響が発生しています。この気候変動の原因は地球温暖化であり、わたしたちが経済活動の中で排出する二酸化炭素などが温室効果ガスとなって地球を温めたことで、地球の平均気温が上昇し気候変動を引き起こしているのです。

これらに対する具体的な対策として考えられるのは、気候変動の原因となっている地球温暖化を食い止めること、及び気候変動によって発生する災害で被害を受けた場合の復旧や再建について万全の態勢を整えておくことなどが挙げられます。地球温暖化やそれに伴う気候変動は地球規模で影響がある現象ですから、世界中の国や人にとって無縁ではいられない問題です。よって、全ての国や人々が地球温暖化対策や気候変動対策に取り組む必要があり、SDGsにおいても先進国、発展途上国を問わずに一丸となって対策を行うことが掲げられています。

目標13「気候変動に具体的な対策を」のターゲット

以下では、目標13「気候変動に具体的な対策を」に設定されている各ターゲットについてわかりやすく解説します。目標13には3つの達成目標と2つの実現方法の、計5つのターゲットが設定されていますので、それぞれどのようなものであるかしっかりと把握しておきましょう。

13-1「すべての国々において、気候関連災害や自然災害に対する強靱性及び適応の能力を強化する」

気候変動によって、過去に類を見ない大型台風の上陸やゲリラ豪雨が発生し、洪水や土砂災害、非常に強い風による建築物の倒壊、電線の寸断による停電などが相次いで発生するようになりました。また、気温上昇によって夏の暑さが厳しいものとなり、熱中症で倒れる人が出たり、干ばつなどで農作物の収穫高が減少したりするなどの影響も発生しています。こうした気候関連の災害が発生した時に被害を抑えるための対策や、災害による被害から一刻も早く立ち直るための体制づくりこそが、この達成目標において求められていることです。

13-2「気候変動対策を国別の政策、戦略及び計画に盛り込む」

気候変動対策は全世界的に取り組むべき事柄ですが、国ごとに置かれている状況や抱えている事情が異なる以上、全ての国々が同じ対策を取ることは現実的ではありません。よって、各国ごとにそれぞれの事情や状況を加味しながら気候変動対策について具体的な政策や国家戦略を掲げていくことが重要です。発展途上国であれば自国の開発を推し進めつつ環境への配慮も行う、先進国であれば気候変動対策を他国よりも積極的に推進していくなど、各国がそれぞれのアプローチで気候変動対策を行っていくのが理想と言えるでしょう。この達成目標では、各国それぞれの自発的な取り組みの積み重ねこそが、気候変動対策に対して世界的に立ち向かっていく上で重要であると説いています。

13-3「気候変動の緩和、適応、影響軽減及び早期警戒に関する教育、啓発、人的能力及び制度機能を改善する」

気候変動への対策は、結局のところ個人個人が気候変動に対して正しい認識を持ち、できることを始めていくことが何よりも重要です。ゴミを減らす、リサイクル素材を使った製品を利用する、節電を心がけるなどのちょっとした取り組みの積み重ねによって、気候変動への対策につながっていきます。そのためには、気候変動や地球温暖化に関する正しい知識を学ぶ機会が必要となるでしょう。加えて、気候変動対策への組織的な取り組みにも、正しい知識を持った専門家の知見が欠かせません。気候変動への取り組みを行うための人材を育てるための環境を整えることもまた、気候変動対策につながっていくのです。

13-a「可能な限り速やかに資本を投入して緑の気候基金を本格始動させる」

13-aで挙げられている実現方法は、UNFCCC(国連気候変動枠組条約)の先進締約国が2020年までにあらゆる資金源から年間1,000億ドルを共同で動員するという約束を実行しつつ、「緑の気候基金」を本格始動させることです。これは、発展途上国が気候変動のスピードを緩める施策を取れるようにすること、およびその施策が誰にでもわかる形で実施できるようにすることの2つを実現するために考えられている手段で、気候変動対策に使う資金の確保が主となっています。気候変動のスピードを緩める施策を実行するためにはお金がかかりますから、そのお金を先進国で出し合って援助しよう、というのがこの実現方法で述べられているのです。

13-b「気候変動関連の効果的な計画策定と管理のための能力を向上するメカニズムを推進する」

13-bは、主に後発の発展途上国や小さな島国における実現方法です。女性や若者、地方、社会に取り残されてしまったコミュニティにスポットを当てつつ、気候変動に関わる効果的な計画を立てたり管理を行ったりするための能力を養う必要があります。その仕組みづくりを行っていこう、というのがこの実現方法の要諦です。

目標13を意識した具体的な取り組み

以下では、目標13について具体的な取り組みについて解説します。個人で取り組むことができる内容を中心にピックアップしましたので、気候変動に対して自分でも何かをしたいと考えた時の参考にしてみてください。

節電を心がける

二酸化炭素を排出する原因の一つが、発電所からの排ガスです。特に夏場は発電所も電力逼迫を避けるために稼働率を上げることが多く、その結果火力発電所も多くの排ガスを排出してしまいます。人がいない部屋は電気を消す、電化製品は使う時以外コンセントから抜くなど、電気を無駄に使わない工夫をすることで、発電所の稼働率を下げることに繋がるでしょう。

ごみを減らす

家庭ごみの中でも最も量が多いのが可燃ごみです。可燃ごみは焼却場で燃やすことになりますが、その際にも二酸化炭素が排出されます。よって、可燃ごみの量を減らしていけば、二酸化炭素の排出量を減らすことに繋がるのです。ごみを出さないようにする、再利用可能なものは再利用する、リサイクル素材を使った製品を使うようにするといった3Rを意識するなどして、可燃ごみをなるべく出さない生活を心がけるようにしましょう。

移動には公共交通機関や自転車などを利用する

自動車の排気ガスも、温室効果ガスとなって地球温暖化の進行を進めてしまっている原因の一つです。電気自動車に切り替えるといった方法も一つの手ですが、よりお金をかけずに手軽な方法として、移動の際には自転車や公共交通機関を使うようにするという方法があります。道路の混雑防止に繋がりますし、公共交通機関を利用する場合は最寄りのバス停や駅までは徒歩で移動することになりますから運動にもなるでしょう。環境を守るだけではなく、自身の健康にも繋がる一石二鳥の取り組みと言えます。

Tags