sdgs-14-海の豊かさを守ろう
辞書

SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」について取り組みなどをわかりやすく解説

持続可能な開発目標であるSDGsという言葉を一度は耳にした事があるという方は多いのではないでしょうか。一方で言葉は知っていても詳しい内容はほとんど分からないという方もいる事でしょう。そこで今回はSDGsの一つである目標14「海の豊かさを守ろう」について、その意味や背景、取り組みなどを詳しく解説していきます。特にSDGsや海の環境改善に取り組みたいという方は参考にしてみて下さい。

SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」が掲げられた背景や意味とは

海洋は資源の宝庫であり、私たち人間にとって不可欠なものとなっていますが、ゴミの漂流などによる海洋の汚染が世界の様々な海域で深刻化しています。私たちが生活する中で発生するゴミには自然に分解されないものも多く、それが海洋汚染に繋がり海の生態系にも悪影響を及ぼしていると言われています。持続的な海洋資源の開発と同時に生態系を守っていく事は、世界中の社会的・経済的発展にはとても重要です。そのような背景もあり、持続可能な開発目標であるSDGsでは目標14「海の豊かさを守ろう」という誰でもわかりやすく理解できる目標を掲げており、世界各国で海洋汚染を改善するための様々な取り組みが実施されています。SDGsの目標14には海洋資源を守りながら持続的な開発を行うため具体的な目標が記されている数多くのターゲットが定められています。

世界規模で問題視されている海洋ゴミ

海洋汚染の主な原因となっているのが海洋ゴミであり、先進国や開発途上国で排出された大量のゴミが海に流れ出ている事で汚染が進んでいます。海に流れ出たゴミは海流や潮流などによって遠くまで運ばれてしまうため、海の環境だけでなく海に暮らす生き物にも負の影響を与えており、海洋ゴミを生物が誤飲してしまうというケースも少なくありません。例えばクジラは多くの魚などを一度に食べるために大きな口を開けますが、その際に誤って海洋ゴミも一緒に飲み込んでしまう事があります。飲み込んだゴミは胃の中で消化されずに残り、その結果、エサが食べられずに死んでしまうケースもあるのです。

このようなケースはウミガメなど他の海洋生物にも起こっています。絶滅危惧種に指定されている生物も少なくありませんが、海洋ゴミの流出による汚染が要因の一つになっているとも指摘されています。また海洋ゴミは海に漂うだけでなく海岸などに漂着する事もあるため、砂浜に生息している生物の生態系を壊す事にも繋がるのです。さらにせっかくの景観を損ねてしまう可能性もあり、観光業にも負の影響を与える事になります。このような状況は世界各地の海洋で起こっており、海洋ゴミによる汚染が続けば豊富な海洋資源が失われてしまう事が危惧されています。

SDGsの目標14を達成するための取り組みとは

プラスチックを中心とした海洋ゴミは世界の様々な海洋に広がりを見せていますが、その要因の大半は私たちの日常生活から出ています。そのため、海に流出するゴミを減らすには一人一人が生活を見直して適切にゴミを処理していく事が必要です。関係機関や漁業に携わっている人たちなどが海洋ゴミの処理を行っていますが、いくら回収してもそれを上回るゴミが海洋に流れ出れば、減るどころか増える一方になってしまいます。

そうなれば海洋汚染はさらに深刻化してしまい、海洋資源の持続的な開発や獲得はできなくなる可能性があります。そうならないためにも開発後の想定される影響も含めて、事前に海洋環境への影響について調査や評価などを行う事が大切です。また調査などで得られたデータなどを参考にしながら、海洋環境の保全について適切に取り組む必要があります。今後は環境への影響を適正に評価し、影響を低減させるための計画立案や技術開発が、より一層求められてくるでしょう。

さらに多様な海洋生物を守るためには、生態系を回復させるための自然再生活動や保護区の設定などが重要な取り組みとなってきます。他にも海洋汚染を防ぐには、船舶からの有害物質の排出や廃棄物の投棄などに関する規制を設ける事も重要です。船舶から大量の油が流出するなど海洋汚染に繋がるような事故が発生した際の対応体制の整備なども行う必要があります。このような取り組みが既に実施されている所もありますが、限定的な地域に留まらずに世界規模で取り組みを広めていく事が大切と言えるでしょう。

二酸化炭素の排出量削減もSDGsの目標14

SDGsの目標14に沿って海を守っていくためには、二酸化炭素の排出量を減らす事も重要です。理由としては二酸化炭素の排出量が増えてしまうと、その分大気中の温室効果ガスも増えてしまい、海の温度が変化して海に生息している生態系に影響を及ぼしてしまうからです。また海の酸性化も問題視されており、このような課題を改善・解決していくには二酸化炭素の排出量削減は有効な取り組みであると言われています。二酸化炭素の排出量をなるべく抑えるには国や企業はもちろん、脱炭素化を目標とした一人一人の取り組みも必要になってきます。

SDGsの目標14を達成するために個人レベルでできる取り組みとは

海で暮らしている生き物たちは私たち人間にとっては貴重で不可欠な存在と言えます。もしこれらの生物がいなくなれば人間が生きていく事は難しくなるでしょう。人間が生み出しているプラスチックを中心とした海洋ゴミが原因で海洋汚染は年々進んでいるとも指摘されています。海洋汚染を防ぐためには私たち一人一人が自身のライフスタイルを見つめ直し、個人でもできる海洋ゴミの削減に積極的に取り組む事が必要でしょう。例えば誰でも簡単に取り組めるものとしては買い物をする際、店舗が用意しているレジ袋ではなくマイバッグを利用する事です。

また使い捨てタイプのプラスチック製品の使用は控えて詰め替え商品を利用するだけでもSDGsの目標14に貢献できるのです。SDGsの目標14「海の豊かさを守ろう」が掲げられて以降、世界各地で海洋ゴミを削減するための取り組みが行われています。ただ、国の政策だけでは限界があるため、海洋汚染を防ぐには個人レベルで意識して取り組む事が必要です。プラスチックは確かに便利ではありますが大量に生産・消費すればその分廃棄されるゴミも増え、海洋汚染が進んでしまうのです。普段の生活の中でプラスチックの利用を減らしたり再利用する方法を理解し、海洋ゴミの流出が減らせるよう一人一人が積極的に取り組む事が海洋環境の改善に繋がるのです。

Tags