sdgs-15-陸の豊かさも守ろう
sdgs-15-陸の豊かさも守ろう
辞書

SDGsの目標15「陸の豊かさも守ろう」の取り組みをわかりやすく説明します

2015年の国連サミットでは、SDGsとして「持続可能な開発のための2030年アジェンダ」が採択されました。SDGsは人類が地球で活動していく上で、大切な概念です。SDGsには17の目標があり、目標15の「陸の豊かさも守ろう」もその1つにあたります。ここでは目標15が意味していることや、この目標が建てられた背景・その取り組み・一人一人ができることをわかりやすく解説していきます。

SDGsの目標15は何を意味しているのか

SDGs(Sustainable Development Goals)とは2015年9月に採択された持続可能な開発目標のことを指す言葉です。SDGsは、17の目標と169のターゲットから構成されています。具体的には人類が地球と共生していくために、2015年〜2030年までの15年間に行っておかなくてはならない目標がSDGsです。それ以前の2009年〜2015年までにはミレニアム開発目標として8つの目標が掲げられて来ました。この目標は一定の成果をあげ、SDGsへと引き継がれていったのです。

SDGsの目標15は「陸の豊かさも守ろう」です。一言で言えば陸の生態系を守るための目標のことを指します。ここでは目標15に該当する9つの目標と3つのターゲットについてわかりやすく解説していきます。目標の1つ目には森林・湿地・山地・乾燥地・内陸淡水の生態系を守り育むことが設定されています。目標の2つ目は森林の減少を防ぎ、持続可能な形で管理できる体制を構築することです。3つ目は劣化していく土地を回復し、砂漠化に対応することが求められています。4つ目の目標は山地の生態系を守ることです。5つ目の目標には、絶滅危惧種を保護し生物の多様性を守ることが定められています。6つ目では、生物の遺伝情報を後世に利用することが目標に設定されています。

密猟や違法取引自体をなくすか、商品の需要を失わせることが7つ目の目標として掲げられています。外来種が既存の生態系を壊さないことが8つ目の目標です。9つ目の目標としては、国の開発や戦略に生物多様性のような価値観を盛り込むことが挙げられています。上述した9つの目標を達成するために3つのターゲットを実行しなければなりません。ターゲットの1つ目には、生態系の保護のために資金確保が必要になることが記されています。森林の持続可能性を高めるためには森林経営が重要になることが、2つ目のターゲットとして取り上げられています。持続的な収入を得るためには地域コミュニティの力が欠かせません。ターゲットの3つ目では収入の仕組みづくりとグローバルな協力の必要性が記されています。

SDGsの目標15が生まれた背景

SDGsの目標15が生まれた背景には、森林の多様性が失われているという現状や深刻化が進んでいくのではないかという恐れがあります。ここでは目標15の「陸の豊かさも守ろう」が生まれた背景の解説を行っていきます。

森林の減少

森林は陸地面積の約31%を占め、全人口のおおよそ20%が森林由来資源に依存した生活をしています。人口増加や産業に対する過度な需要、気候変動などが原因で約330ヘクタールずつ森林面積が減少していると考えられています。林業だけでなく農業や観光業などにも必要となる森林資源は、人間の生活に欠かせない資源です。重要な森林資源を保護するために、また森林資源に依存しない社会作りを目的に目標15が生まれました。

野生動物の絶滅危機

野生動物の絶滅危機も目標15が生まれた背景にあります。陸生の動植物のおおよそ80%以上が森林を住居にしているのですが、地球温暖化や森林の伐採などが原因で住居を失っているのです。森林を伐採してしまうと植物が減り、昆虫類や小動物や鳥類などに影響が連鎖していってしまいます。絶滅の危機にひんしている動物はレッドリストに指定されるのですが、このリストの中の0.01〜0.1%の動植物が死に絶えています。また既存の生態系が崩れると外来生物の侵入も起こり、その結果人々の生活をも脅かされていきます。動植物の生存も人間の生活と直結しているので、SDGsの目標として「陸の豊かさも守ろう」が掲げられているのです。

SDGsの目標15を達成するための取り組み 目標15を成し遂げるために、世界中で様々な取り組みが行われています。ここでは代表的な取り組みをいくつか紹介していきます。

生態系勘定(SEEA EA)

生態系勘定とは各国の資産としての生態系をデータ化し、受け取っている生態系サービスの金銭的価値を経済指標の一部に紐づけることを指します。この考えは自然の持つ価値の認識を、根本的に転換するために生まれました。この考えを取り入れることによって、自然の価値を踏まえた政策判断ができるようになります。

コンサベーション・インターナショナル(CI)

コンサベーション・インターナショナルは、アメリカに本部を置く環境保護団体です。コンサベーション・インターナショナルでは生物多様性ホットスポットというものを選定しています。生物の多様性が高い地域で生態系の破壊が進んでいる場合、生物多様性ホットスポットとして認定可能です。この組織は生物多様性ホットスポットを選定し、保全する活動を行っています。

グリーンスクール

グリーンスクールはインドネシアにある地球環境に配慮したインターナショナルスクールのことです。校舎は竹を利用して建てられ、広大な畑では無農薬野菜が育てられています。また排泄物はコンポストトイレで分解し、畑の肥料として活用されます。グリーンスクールでなら循環システムを取り入れた生活を行いながら、実践的な環境保護の知識を学習可能です。

SDGsの目標15を達成するためにできること

具体的に陸の豊かさを守るためにできる取り組みとしては、3Rを徹底する・消費の選別・環境保全などの活動をしている団体を応援するなどが挙げられます。ここではその取り組みを1つずつ紹介していきます。

3Rを徹底する

3Rとはリデュ−ス(Reduce)・リユ−ス(Reuse)・リサイクル(Recycle)の頭文字をまとめた言葉です。リデュースとは製品を作る時に消費する資源の量を減らすことを意味します。リユースは使い終わったものを捨てずに繰り返し利用することです。リサイクルとは廃棄物などをエネルギーや原材料として再利用することを指します。重要なことは何かを購入するときや捨てる時に、3Rのことを常に心に留めておくことです。そういった小さな努力が大きな問題を解決する時に重要になってきます。

消費の選別

消費を選別するとは、物を買う時に環境に良いものやゴミが出にくいものを選ぶことです。認証商品を購入することや必要なものだけを買うように心がけることも消費を抑えられます。地産地消を心がけることも重要です。輸送に伴うロスを少なくできるので、温室効果ガスの削減やフードロスの削減に貢献できます。

環境保全などの活動をしている団体を応援する

国内・国外を問わず環境保全や動物保護などを行っている団体は数多くあります。こうした企業や団体を支援することも、SDGsの目標15を達成する役に立つでしょう。NPOやボランティア団体の多くは資金が不足しているので、少額の寄付であっても役に立ちます。

Tags