sdgs-17-パートナーシップで目標を達成しよう
sdgs-17-パートナーシップで目標を達成しよう
資源

SDGs17番目の目標「パートナーシップで目標を達成しよう」についてわかりやすく解説。取り組みや目標の背景など

2015年に国連総会で採択された「持続可能な開発目標」、通称「SDGs」。SDGsは「地球上の誰一人取り残さないこと」を原則として、2030年までに国際社会をより良くしようとする国際目標です。SDGsは17の目標と169のターゲットが設定されています。今回はSDGsの17番目の目標である「パートナーシップで目標を達成しよう」について詳しく解説していきます。

SDGs17番目の目標の意味

SDGs17番目の目標は「パートナーシップで目標を達成しよう」です。1~16番目の目標では「貧困問題」「ジェンダー平等」「エネルギー問題」「国家間の平等」「環境保護」などの目標が掲げられています。多くの国や企業・団体、そして個人一人ひとりが協力して、すなわち「パートナーシップ」を組むことで、これらの目標を達成しようというのがSDGs17番目の目標の意味です。

SDGs17番目の目標にはさらに19個のターゲット(達成基準)が存在します。これらのターゲットは「資金」「技術」「能力構築」「貿易」「制度・政策」「マルチステークホルダー・パートナーシップ」「データ、モニタリング、説明責任」という7つのテーマで構成されています。「資金」とは、開発途上国内での資金調達向上のため、ODAなどの開発途上国への支援や投資促進枠組みの導入など、先進国が開発途上国に対して行う国際協力活動のことです。「技術」とは、開発途上国内での情報通信技術の活用を促進させ、知識共有を進めることを目標としています。

「能力構築」とは、南北協力・南南協力・三角協力などを通じて、開発途上国の効果的な能力開発をするための国際支援です。「貿易」とは、世界貿易機関(WTO)のルールに従い、開発途上国の輸出拡大や市場アクセスの円滑化を目標としています。「制度・政策」とは、首尾一貫した政策と各国が主体性を持って取り組むことで、持続可能な開発を目指すということです。「マルチステークホルダー・パートナーシップ」とは、持続可能な開発のために専門的知見を有する国・企業・個人が一体となって取り組むことです。「データ、モニタリング、説明責任」とは、開発途上国の精度の高い統計数値・経済的指標や開発進捗を測るデータの入手を支援します。

SDGs17番目の目標の背景

SDGs17番目の目標の背景として、開発途上国の現状とその問題点が関連しています。まず開発途上国では圧倒的に資金が不足しています。税収の対GDP比が低く、10%前後しかないのが実態です。そのためODAを増やし、民間からの投資を呼びかけることで開発のための資金を集める必要があります。また先進国と開発途上国の技術格差も深刻な問題です。特にインターネットの普及率は、開発途上国で20%に過ぎません。したがってインフラ整備などに投資するとともに、開発途上国に技術・知識を伝授する必要があります。従来のような先進国からの伝授だけでなく、「南南協力」のように近くの地域同士で協力することで開発を加速させることが可能です。

さらに貿易にも問題点があります。例えばコーヒー豆やチョコレートの原料となるカカオの原産地は主に開発途上国です。しかしながら、コーヒーやチョコレートの売上に見合った報酬を生産者が受け取っていないのが現状です。したがってフェアトレードを構築し、適正な価格で取引できるようにする必要があります。また開発途上国ではデータが圧倒的に不足しています。出生数や就学率のデータが不足していて、また開発の進捗状況も正確ではありません。適切な支援をするためには、きちんとしたデータが必要です。したがってそのようなデータ入手能力のシステム構築を手助けすることも重要です。

これらの支援を国家だけでなく、企業・民間団体・専門家が一体となって行うべくSDGs17番目の目標が設定されました。

SDGs17番目の目標への取り組み

2015年にSDGsが採択されて以降、世界中が協力して開発途上国の支援にあたっています。2021年には正味ODAが過去最高額に達し、投資額も大幅に増加。インターネット普及率も上昇しました。貿易の面では3ヶ国以上の自由貿易協定などを締結するケースが増え、児童労働が判明した商品には高い関税をかけるなど、フェアトレード構築に向けて動き出しています。国だけでなく企業にも動きがあります。多くの企業がSDGsに賛同する姿勢を見せ、広告でアピールするようになりました。今まで企業の売上や実績だけで投資の可否が判断されていましたが、現在ではSDGsにどれだけ真剣に取り組んでいるかで支援を決める「ESG投資」が注目を浴びています。民間の団体に目を向けてみると、会場を借りてSDGs関連のイベントを行ったり、インターネット上でSDGsの情報発信を続けるサイトやインフルエンサーが増えたりしています。SDGsを周知するとともに、その解決策について積極的に話し合う機会が格段に増えました。

私たち個人でもできることがあります

以上のように、SDGs17番目の目標は開発途上国の支援を官民一体となって行うという趣旨です。そこには私たち個人一人ひとりも含まれています。個人でもできることは沢山あります。まずSDGsのことを理解して、世界の現状を知ってください。そして現在の問題点を身近な人とぜひ話し合ってみてください。一人ひとりが高い意識を持つことで、SDGsの目標達成が近づくことでしょう。

Tags