sdgs-9-産業と技術革新の基盤を作ろう
sdgs-9-産業と技術革新の基盤を作ろう
辞書

SDGsの目標9「産業と技術革新の基盤を作ろう」の取り組みをわかりやすく解説

SDGsの9番目の目標「産業と技術革新の基盤を作ろう」は、国や企業が取り組む課題と思われがちです。しかし、個人でも目標達成のためにできることがあります。SDGsの目標を深く知り、関心を寄せることが達成の一助になるでしょう。この記事では、SDGsの目標9の概要や背景、具体的な取り組み、身近にできることについて解説しています。

SDGsの目標9「産業と技術革新の基盤を作ろう」の概要

「Sustainable Development Goals」の略語であるSDGsは、日本語に訳すと「持続可能な開発目標」になります。2030年を達成期限とする17の目標で構成されており、9番目の目標が「産業と技術革新の基盤を作ろう」です。

・災害に強いインフラ整備
・技術革新によって産業の発展を推進

上記の2つが目標9の指針となっています。またSDGsの目標9は、以下の5つのターゲット(具体的なゴール)が設定されています。

ターゲット1「インフラ整備」

誰もが安くて公平に使えることに重点を置いたインフラ整備を目指します。生活や産業を支えているのが、ダムや発電所などのインフラです。質や信頼性が高く、持続可能で災害にも強いインフラの整備がターゲットになっています。道路や空港、港などの国をまたぐ越境インフラも含まれています。

ターゲット2「産業の発展」

ターゲット2は一次産業以外の分野の活性化です。農業や漁業などの一次産業が、GDP(国内総生産)の大部分を占めている開発途上国があります。誰も産業の発展に取り残されないようにするため、2030年までにそれぞれの国の状況に応じて、雇用とGDPに占める一次産業以外の割合を大幅に増やすことが2つめのターゲットです。もっとも開発が遅れている「後発途上国」は、一次産業以外の割合を2倍に増やすことが目標に掲げられています。

ターゲット3「金融サービスの整備」

開発途上国の小さな会社や工場が利用しやすい金融サービスの整備が、3つめのターゲットです。資金調達が難航して産業の発展の妨げにならないように、利用しやすい金融サービスの整備を進めます。環境を整え、物流やサービス業など、幅広い分野への提供を目指します。

ターゲット4「持続可能な産業とインフラ、資源の利用方法の開発」

4つめのターゲットは、資源の効率的な利用方法の開発と、持続可能なインフラと産業の整備です。大量生産、大量消費から脱却し、2030年までに環境への負担が少ない技術や生産方法の開発を進め、取り入れていきます。すべての国がそれぞれの能力に応じて資源とインフラ、両方の持続可能な仕組みづくりを目指します。

ターゲット5「技術や能力の向上」

2030年までにイノベーション(技術革新)を推進し、100万人当たりの開発や研究の従事者を大幅に増員することが、5つめのターゲットです。そのために、民官の研究開発への助成金を充実させます。すべての国で技術や能力の向上を目指し、産業の発展につなげます。

目標9が掲げられた背景

インフラとイノベーションへの投資は、経済の成長に欠かせない要因の1つです。開発が進んだ国では水道や電気、通信網や交通網が整っていますが、インフラの整備が進んでいない開発途上国もあります。インターネットはもちろん、水道や電気すら通っていない地域もあります。農業や漁業などの一次産業がGDPの大部分を占め、行政によるインフラとイノベーションへの投資も少なく、世界の経済と開発に取り残されている状態です。地域によるインフラの格差をなくすために、SDGsの目標9が掲げられました。

また、限りある資源を使った大量生産と大量消費では、環境への負担が大きく、持続も不可能です。効率的な資源の利用方法と再生可能エネルギーの開発も課題となっています。環境への負担が気候変動につながっており、災害の激甚化にも影響しています。災害に強く持続可能なインフラ整備と、限りある資源の利用方法の開発が求められていることも、目標9が掲げられた背景の1つです。

SDGsの目標9「産業と技術革新の基盤を作ろう」の具体的な取り組み

SDGsの目標9「産業と技術革新の基盤を作ろう」には、以下の3つの具体的な取り組みが提示されています。

開発途上国への支援

取り組みの1つめは、開発途上国や、もっとも開発が遅れている後発途上国に対しての支援です。資金面と技術面で開発途上国を支援し、インフラの整備を進めます。持続可能で災害にも強いインフラを整備することで、経済や産業の発展を支える土台を強固なものにします。インフラ整備が進まない原因の1つが、悪循環です。インフラが整っていないから産業が発展せず、GDPの大部分を一次産業が占めます。一次産業だけでは経済の成長が進みません。結果、インフラ整備に資金を投入できない悪循環に陥ります。この悪循環を打破し、取り残される国や地域をなくすための支援です。

制度の整備

透明性があり、支援を継続するためには、制度の整備と仕組みづくりが必要です。支援の偏りや、支援に見せかけた搾取などがないように、支援をする側と受ける側の政策を整えます。開発途上国の発展や技術の向上、イノベーションを支えるための仕組みをつくります。

通信網の普及

3つめの取り組みが、通信網の普及です。特に後発途上国でインターネット環境を整え、2020年までに、誰もが安い値段でインターネットにアクセスできることを目指します。

目標9の達成のために、身近にできること

インフラ整備やイノベーションが、SDGsの目標9の主な取り組みです。規模が大きく専門性が高いため、国や企業にしか関係がないと思われがちですが、身近にできることもあります。わかりやすく、誰にでもできる身近な取り組みを2つ紹介します。

寄付

JICA(独立行政法人 国際協力機構)では、個人の寄付を受け付けています。ODA(国による政府開発援助)への寄付の窓口になっているのがJICAです。

・貧困や飢餓に苦しむ途上国への支援
・アフリカに特化した支援
・アフリカの医療に特化した支援

上記の3つの基金が設置されており、オンラインで送金できます。また、JICAへの寄付は税金控除の対象になっています。

イベントやセミナーへの参加

イベントやセミナーに参加し、SDGsに関心を持つことも支援です。関心が高まれば支援に参加する企業の増加につながります。実際に現地のボランティアに参加することはハードルが高いでしょう。しかし、オンライン上のイベントやセミナーなら、参加が容易です。ボランティアに参加している人や現地で活動している専門家の話しを聞けるので、目標9への関心を高め、見識を広げる機会になります。

Tags