Layout A (one post)

日立建機株式会社のESG経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のESG経営分析(炭素排出量)ー日立建機株式会社2020年

日立建機株式会社のESG経営のE(環境)、その中でも炭素排出量に関する目標とその取り組み、そして実績についてみていきたいと思います。 記事全体の流れ 炭素排出量の概要日立建機株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 2030年度までにスコープ1+2の排出量(総量)を45%削減(2010年度基準)2. 2030年度までにスコープ3(製品使用時)の排出量(総量)を33%削減(2010年度基準)まとめ参考リンク 炭素排出量の概要...

Read More

Layout A2

日立建機株式会社のESG経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のESG経営分析(炭素排出量)ー日立建機株式会社2020年

日立建機株式会社のESG経営のE(環境)、その中でも炭素排出量に関する目標とその取り組み、そして実績についてみていきたいと思います。 記事全体の流れ 炭素排出量の概要日立建機株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 2030年度までにスコープ1+2の排出量(総量)を45%削減(2010年度基準)2...

Read More
TOTO株式会社のサステナビリティ経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のサステナビリティ経営分析(炭素排出量)TOTO株式会社2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要TOTO株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 2030年に事業所からのCO2総排出量を25.0万tにする(2018年度実績35.7万t)2. 2030年に再エネ導入90%まとめ参考リンク 炭素排出量の概要...

Read More
イオン株式会社のサステナビリティ経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のサステナビリティ経営分析(炭素排出量)ーイオン株式会社2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要イオン株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証まとめ参考リンク 炭素排出量の概要 同社が公開しているスコープ別のデータが見当たらなかったため排出量の構造や推移の把握ができませんでした。 イオン株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標...

Read More

Layout A2 (combined with B)

日立建機株式会社のESG経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のESG経営分析(炭素排出量)ー日立建機株式会社2020年

日立建機株式会社のESG経営のE(環境)、その中でも炭素排出量に関する目標とその取り組み、そして実績についてみていきたいと思います。 記事全体の流れ 炭素排出量の概要日立建機株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 2030年度までにスコープ1+2の排出量(総量)を45%削減(2010年度基準)2...

Read More
サステナビリティ経営 企業

企業のサステナビリティ経営分析(炭素排出量)TOTO株式会社2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要TOTO株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 2030年に事業所からのCO2総排出量を25.0万tにする(2018年度実績35.7万t)2. 2030年に再エネ導入90%まとめ参考リンク 炭素排出量の概要...

Read More
サステナビリティ経営 企業

企業のサステナビリティ経営分析(炭素排出量)ーイオン株式会社2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要イオン株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証まとめ参考リンク 炭素排出量の概要 同社が公開しているスコープ別のデータが見当たらなかったため排出量の構造や推移の把握ができませんでした。 イオン株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標...

Read More
サステナビリティ経営 企業

企業のESG経営分析(炭素排出量)ーパナソニックグループ2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要パナソニックグループの2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 全事業会社でのCO2排出量ゼロ化を実現2. 2030年に、2013年比で製品使用に伴う排出量(スコープ3)を30%削減するまとめ参考リンク 炭素排出量の概要...

Read More
サステナビリティ経営 企業

企業のサステナビリティ経営分析(炭素排出量)ーキリングループ2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要キリングループの2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 「SBT1.5℃」目標の承認を取得する2. 2030年にGHGのスコープ1, 2の合計排出量を2019年比で50%削減する3...

Read More

Layout A3

日立建機株式会社のESG経営分析(炭素排出量編)

日立建機株式会社のESG経営のE(環境)、その中でも炭素排出量に関する目標とその取り組み、そして実績についてみていきたいと思います。 記事全体の流れ 炭素排出量の概要日立建機株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 2030年度までにスコープ1+2の排出量(総量)を45%削減(2010年度基準)2. 2030年度までにスコープ3(製品使用時)の排出量(総量)を33%削減(2010年度基準)まとめ参考リンク...

Read More
TOTO株式会社のサステナビリティ経営分析(炭素排出量編)

記事全体の流れ 炭素排出量の概要TOTO株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 2030年に事業所からのCO2総排出量を25.0万tにする(2018年度実績35.7万t)2. 2030年に再エネ導入90%まとめ参考リンク 炭素排出量の概要 排出量の割合を見てみると、スコープ3の排出量が大部分を占めています(約98%)。スコープ3の中でも製品の使用に関わる排出量が95%程度を構成しています。...

Read More
イオン株式会社のサステナビリティ経営分析(炭素排出量編)

記事全体の流れ 炭素排出量の概要イオン株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証まとめ参考リンク 炭素排出量の概要 同社が公開しているスコープ別のデータが見当たらなかったため排出量の構造や推移の把握ができませんでした。 イオン株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標 イオン株式会社では、脱炭素に関連する目標を主に以下の2つ定めています。1. 2030年までに店舗使用電力の50%を再生可能エネルギーに切り替え2...

Read More

Layout A (with pagination)

日立建機株式会社のESG経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のESG経営分析(炭素排出量)ー日立建機株式会社2020年

日立建機株式会社のESG経営のE(環境)、その中でも炭素排出量に関する目標とその取り組み、そして実績についてみていきたいと思います。 記事全体の流れ 炭素排出量の概要日立建機株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 2030年度までにスコープ1+2の排出量(総量)を45%削減(2010年度基準)2. 2030年度までにスコープ3(製品使用時)の排出量(総量)を33%削減(2010年度基準)まとめ参考リンク 炭素排出量の概要...

Read More
TOTO株式会社のサステナビリティ経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のサステナビリティ経営分析(炭素排出量)TOTO株式会社2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要TOTO株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 2030年に事業所からのCO2総排出量を25.0万tにする(2018年度実績35.7万t)2. 2030年に再エネ導入90%まとめ参考リンク 炭素排出量の概要 排出量の割合を見てみると、スコープ3の排出量が大部分を占めています(約98%)。スコープ3の中でも製品の使用に関わる排出量が95%程度を構成しています。 また排出量の推移を見てみるとスコープ1...

Read More
イオン株式会社のサステナビリティ経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のサステナビリティ経営分析(炭素排出量)ーイオン株式会社2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要イオン株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証まとめ参考リンク 炭素排出量の概要 同社が公開しているスコープ別のデータが見当たらなかったため排出量の構造や推移の把握ができませんでした。 イオン株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標 イオン株式会社では、脱炭素に関連する目標を主に以下の2つ定めています。1. 2030年までに店舗使用電力の50%を再生可能エネルギーに切り替え2. 2040年までに店舗でのCO2等排出量を総量でゼロ...

Read More
大和ハウス工業株式会社のサステナビリティ経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のサステナビリティ経営分析(炭素排出量)ー大和ハウス工業株式会社2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要大和ハウス工業株式会社の2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動1. 2030年までに新築建築物における居住・使用段階のCO2排出量を2015年度比63%削減2. 2030年までに全施設・全事業プロセスにおけるCO2排出量を2015年度比70%削減目標別の実績検証1. 2030年までに新築建築物における居住・使用段階のCO2排出量を2015年度比63%削減2. 2030年までに全施設・全事業プロセスにおけるCO2排出量を2015年度比70%削減3...

Read More
パナソニックグループのサステナビリティ経営分析(炭素排出量編)
サステナビリティ経営 企業

企業のESG経営分析(炭素排出量)ーパナソニックグループ2020年

記事全体の流れ 炭素排出量の概要パナソニックグループの2030年に向けた脱炭素の目標各目標による想定される脱炭素効果を算出する目標に向けた活動目標別の実績検証1. 全事業会社でのCO2排出量ゼロ化を実現2. 2030年に、2013年比で製品使用に伴う排出量(スコープ3)を30%削減するまとめ参考リンク 炭素排出量の概要 排出量の割合を見てみると、スコープ3の排出量が大部分を占めています(約95%)。また排出量の推移を見てみるとスコープ1...

Read More